敷金の使い道

敷金は入居する際に取られるものでありますが、法律で定められているものではありません。そのため、金額にも決まりはありませんが、通常は家賃の1ヶ月から3ヶ月分となる場合が多いようです。敷金の使い道は原状回復義務による修繕費用や家賃が滞納された際の支払い、違約金の支払いとして利用されますが、年月の経過による劣化に関しては原状回復義務には該当しません。上記のいずれにも該当しない場合、敷金は全て返還されますので、きちんと家賃を払い、部屋を汚したりしないことが理想と言えます。

ただ、この敷金は返還の関するトラブルが非常に多く発生しておりますので、最初の入居時に原状回復義務に関しての範囲や返還される金額等についてはしっかり貸主側と話し合い、お互い納得した上で契約を行うようにしましょう。特に問題がなかった際の敷金の返還時期や支払先に関しては、退去してから1ヶ月後に銀行口座へ振り込まれるというケースが多いようです。

そして、退去する際にはその旨を予め伝えておく必要があり、契約期間内に退去することも認められていません。これを伝える時期としては最低1ヶ月前となっていることが多く、これら2つはいずれも違約金の対象となりますので、注意しましょう。