賃借人の原状回復義務

お金を払って借りているとはいえ、借主が使用しているものに関しては、全て貸主のものと言えます。借主が退去した後には他の人がそれを使うことになりますので、壊れたものに関しては借主側にそれを修繕する義務があるわけです。これを民法では賃借人の原状回復義務と呼んでいます。ただ、普通に使っていて劣化したものに関しては対象外となっており、度を超えたような使い方によって破損させた等となった場合のみこの義務が生じ、この際にかかった費用に関しては最初に徴収した敷金から支払いが行われます。借主側が原状回復義務を負う可能性があるものとしては、飲み物をこぼした際にできたカーペットの汚れ、換気扇をかけなかったことにより発生した風呂のカビ等が挙げられるでしょう。

また、この原状回復義務に関してはトラブルになることもありますので、借主側としては最初に部屋に入った時にどのような状況であったかを貸主と一緒にしっかりと把握し、写真を撮っておくと尚良いと言えます。退去時に敷金を出来るだけ多く戻すためにも、日頃から部屋を借りているという意識を常に持ち、少しでも部屋を汚したり傷をつけたりすること等のないよう注意しながら使うようにしましょう。